3月22日に自然観察会「たつくし 磯の生きもの調査」が開催されました。

黒潮生物研究所・中地所長から、竜串の海のお話しや、生きもの調査員になるための秘訣を伝授してもらい、磯へ調査に出かけました。カイやヤドカリ、ヒトデ、ナマコ、ウミウシなどたくさんの生きものを観察することができました。そして、これらの生きものを指標として水質や生物環境を評価すると、竜串は「きれいな海」で生物相も「大変豊か」との結果でした。

これからもたくさんの生物が暮らす竜串の海をみんなで守っていきたいですね。

  • マツバガイ