第12回 竜串自然再生協議会
日  時
平成28年3月7日(月)14:00〜16:30
場  所
土佐清水市社会福祉センター 3F大会議室(高知県土佐清水市)
議  題

(1)竜串の自然再生につながる本年度の取組について(報告事項)
(2)次年度以降の協議会体制について(協議事項)
(3)竜串ビジターセンター(仮称)基本計画について(報告事項)
(4)会長総括

概  要

はじめに、本年度の自然再生につながる各主体の取組について報告されました。様々な取組が山、川、海それぞれのエリアにおいて活発に行われている様子が見てとれました。
次に、次年度以降の協議会体制について協議されました。昨年度の協議会において、竜串自然再生の目標は達成され、今後は利活用に重点を置いていくことが合意され、そのための新たな協議会運営に係る体制や構成メンバー、要綱案などについて提示されました。協議の結果、新たな構成メンバーによる協議会と、多様な主体が互いの取組を共有し、協力し合う「たつくし☆ネットワーク」という体制が承認されました。
続いて報告事項として、本年度より環境省が主体となって進めている「竜串ビジターセンター」(仮称;以下VC)の基本計画案についての説明がありました。VCは自然再生につながる活動の拠点として、また、それに関連する自然体験や環境学習などを提供できる機能を持つ施設です。平成30年度の着工を見据えつつ、次年度以降の協議会においてはVCの活用等についても話し合われる予定です。
平成18年の設立から9年余り、12回の会議を重ねてきた協議会ですが、現在の体制での会議は今回が最後となりました。次年度以降は、承認された新たな体制をもってさらに竜串の自然の保護と活用の推進に向けて熱心な討議を重ねていきます。

議事概要
400KB 議事概要
配付資料
79KB 会議次第
114KB 竜串自然再生協議会委員名簿(平成28年3月7日現在)
7.7MB 資料1 竜串の自然再生につながる取組報告資料(主体別)
379KB 資料2 次年度以降の協議会体制について
6MB 資料3 竜串ビジターセンター(仮称)基本計画説明書(案)

close window