第3回実施計画作成部会
日  時

平成22年3月24日(水)13:30〜15:30

場  所

土佐清水市役所第1会議室(高知県土佐清水市)

議  題

1. 挨拶
2. 議事
 1 陸域の実施計画の作成方針について
 2 今後の運営体制(案)について
 3 その他

概  要

第3回実施計画作成部会では、陸域での取り組みに係る意見交換を行いました。竜串の海域環境を守るためには上流の森林整備が大切であり、この意識は竜串の森林に関わる国・県・市、そして民間ともに共通であることが確認されました。今後は森林関係の各主体が連携して取り組んでいくため、連絡調整を図る組織(WGなど)の立ち上げに向けて検討していくことになりました。
陸域でのもう一つの柱である環境教育については、「土佐清水市の小学校で使われる社会科副読本が平成22年度に改定される。これにあわせて竜串自然再生の紹介も盛り込んでもらえるよう働きかけよう」といった意見も出され、具体的に話が進みそうな状況となっています。
このほか、各主体ができることから取り組んでいくことや制度等にとらわれない柔軟な取り組み姿勢が自然再生では重要であるといった認識が共有され、環境省からは具体的な取り組み内容の検討や連絡調整等を行う「幹事会」(仮称)の立ち上げが提案されました。

議 事 録
45,6KB 議 事 録
配付資料
7.9KB 会議次第
15,6KB 委員出欠表
35,6KB
資料1

実施計画策定に係る各主体別実施(検討)項目(案)

35,4KB
資料2

各主体別実施計画メニュー(案)

17,9KB
資料3

今後の運営体制について(案)

1340KB 地域における自然再生事業の進め方(環境省作成パンフレット抜粋)
904KB 竜串自然再生事業実施計画(平成22年1月、環境省中国四国地方環境事務所作成)

close window